少額だってできる!ママのための初心者向け資産運用

資産運用という言葉には、いかにも「お金持ち」な響きがありますよね。
お小遣いではとうてい無理。ママには無縁だわ……とお考えのあなた!
いいえ、できるんです!ママにもできる資産運用について考えてみましょう。
(下記に出てくる数値は2018年7月末時点のものです。ご利用の際は、再度ご確認ください。)

ママにもできる資産運用、実は結構あるんです!

なぜ、資産運用なのか?

普通預金の金利はすごく低い!金利が高いと言われている定期にしたって、そんなにスゴイわけではありません。これではどんなに一生懸命貯金したって、大きく増えることはないのです。
それなら一度、資産運用について学んでみませんか?「する」か「しない」かは、それから決めても遅くはありません。

資産運用にはどんなものがあるの?

資産運用には、一体どんなものがあるのでしょうか。よく知られているのは、下記6種類。それぞれ、簡単に解説します。

金積立

金を購入して積み立てていく方法です。世界的に価値が評価されているため、安心感があります。
株のように配当がもらえるわけではありません。
積立金額は1,000円~。

国債

国が発行する債券です。発行体が国なので破たんリスクは低く、比較的安心です。
ただ、購入時期が決まっているためいつでも購入できる訳ではありません。また解約も、最低1年は不可能です。
購入金額は10,000円~。

会社の資金調達に協力することで、オーナーの一人になることです。応援したい会社を選んで長期保有すれば、デイトレードのような怖さはありません。株価の動きだけでなく、配当金や株主優待が利益となります。
ただし会社が破たんしてしまうと、株式の価値がゼロになる可能性もあります。
購入金額は株によりさまざまですが、ミニ株・単元未満株・るいとうを選べば10,000円程度からスタート可能です。

外貨預金

日本円ではなく外国の通貨で預金する方法です。日本よりも金利の高い外貨預金を選び、利益を得ます。
ただし、手数料が高いので注意が必要です。
預入額は数百円~可能ですが、手数料を考えると少なくとも100,000円以上は必要です。

FX

通貨の価値が常に変動していることを利用し、利益を得る方法です。例えば110円で買ったドルを120円になった時点で売れば、10円の利益が出ます。
もちろん110円で買った後に100円になることもあり、損失の可能性もあります。
新規注文は約4,000円~。

仮想通貨

スマホさえあれば簡単に取り引きができます。大きく増える可能性があり夢がある半面、何の保証もない通貨であるためすべてが自己責任となります。
取引所により異なるのですが、100円~可能です。

どうやって選べばいいの?

メリット・デメリットは何となく分かったけど、どうやって選べばいいのでしょうか。タイプ別で分けてみましょう。

リスクは極力抑えたい方は「金積立」「国債」

増やす楽しみより、所有する楽しさを感じて欲しい投資です。

いろいろ調べるのが苦手な方は「金積立」「国債」

株をはじめると、会社のことや社会情勢などいろいろ調べる必要が出てきます。しかしこちらの場合は長く所有することを目的としているため、調べるのが苦手な方でも大丈夫です。

配当金や株主優待をもらいたい方は「株」「国債」

配当に値する株数を持っていると、配当金や株主優待がもらえます。国債は半年に1回、利子が支払われます。

いろいろ調べるのが好きな方は「株」「外貨預金」

株を所有している会社についてだけでなく、社会全体、世界の動き、有効求人倍率などいろいろな人・物・お金の動きを調べる必要が出てきます。大変なことではありますが、「社会に参加している!」という喜びが感じられます。

リスクは承知で増やしてみたい方は「FX」「仮想通貨」

「運」も大きく関わります。本当に余裕のあるお金で行うべき投資です。

守って欲しいこと

お金はとっても大事。だから決まりを守っておこなうことが大切です。

資産運用の決まり。それは

  • 焦らないこと。
  • 生活費をつぎこまないこと。

この2点。
人は「今しかない」と時間に急かされると、どんどん「失敗」を引き込んでしまいます。慌てて出かけたら忘れ物しちゃった……というのが典型的な例。大切なお金を扱う資産運用。焦ってはいけません!
そして、絶対に生活費をつぎこまないこと!資産運用は、あくまでもお小遣いの範囲で行いましょう。

資産運用とは

ママの資産運用とは、いまある資産を「より有意義に活用するため」に行うものであって欲しいと思います。
株を例に挙げると、銀行に預金している「生活費ではないお金」を「応援する」ために使い、その感謝の気持ちとして「配当金」や「株主優待」をもらう。このパターンの資産運用を選んでください。
パソコンの前に張り付き、株の売買を繰り返して利ざやを稼ぐデイトレードには決して陥らないように。生活や子育てが破たんしてしまう可能性があります。これは主婦向きとは言えません。

毎月コツコツ。楽しみながら。そんな資産運用もあるのです。
資産運用をはじめると、新聞を読んだりニュースを見たり。自分自身に嬉しい変化が生まれるというメリットも!

関連記事