知らないと損をする!一方的に退職を迫られた場合に確認すること

ある日突然に「退職」を言い渡されたなら……ショックで目の前が真っ暗。何も考えられない……。
お気持ちは分かります。でも、実はすることがたくさん!ショックを受けている場合ではないですよ!

ショックを受けるのは当然ですが、やらないといけないことがたくさんあります。

「辞めて欲しい」と言われた時に確認すること

まずは「退職勧告(退職勧奨)」か「解雇」かを確認しましょう。

退職勧告(退職勧奨)の場合

会社側から労働者に「会社を辞めてもらえませんか?」と打診することです。なので強制力はありません。「はい」と答えるか「いいえ」と答えるのか、それは労働者次第です。

解雇の場合

正当な理由があり、会社側が行う労働契約の解除です。一方的でも、こちらは強制力があるため、断りの意思を通すことはできません。 すみやかに健康保険や年金種別の切り替えなどの手続きをすることとなります。

ただし、会社が解雇を実施するには、よっぽどの理由が必要です。
例えば、刑法に該当する行為をおこなった場合や、会社の信用を著しく傷付ける行為など。基本的には、労働者保護の観点から解雇は厳しく制限されています。そのため、今回は解雇ではなく「退職勧告(退職勧奨)」について書いていきたいと思います。

「退職勧告(退職勧奨)」を受けたらするべきこと

「退職勧告(退職勧奨)」に「はい」と答えた場合、扱いは「解雇」ではなく「退職」となります。そこで提示された理由が「会社都合退職」となっているかどうかを確認しましょう。
「会社都合退職」のほかに「自己都合退職」がありますが、格段に「会社都合退職」のほうが優遇されます。損をしないためには、確認が必須です!

「自己都合退職」とは

自分で「辞めます」と言う場合がこれに当たります。結婚や妊娠、引っ越しなど、自分の都合により決める退職のことです。

「会社都合退職」とは

経営不振やリストラなど、会社側の理由による退職のことです。早期退職制度などを活用した場合もこちらになります。

「会社都合退職」のほうがメリットたくさん!

会社都合退職の場合、自己都合退職に比べてメリットがたくさんあります。

失業保険が早く受け取れる!

自己都合退職の場合、すぐに失業保険を受け取れるわけではありません。待機期間と3ヶ月を経てやっと……という感じ。
しかし会社都合退職の場合、待機期間のあと1ヶ月後には支給が開始されます。この違いは大きいですよね。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

給付日数が長い!

会社都合退職は、失業保険の給付日数が長く設定されています。被保険者期間や年齢により多少の違いが出てきますが、一般的に自己都合退職の場合「給付日数90~150日」であるのに対し、会社都合退職の場合は「90~330日」。倍ほど変わることもあるのです!

退職金の割り増しが受けられる可能性!

会社側から退職を促された場合、その誠意として退職金が割り増されることが多くあるようです。この場合はしっかりと受け取っておきましょう。
ただし、退職金は法律によって定められた制度ではないため、会社次第となります。

このように大変メリットが大きい「会社都合退職」ですが、会社によっては嫌がる傾向もあります。理由としては助成金のストップに繋がったり、イメージダウンを避けるため。
とはいえ、会社側の要望を泣く泣く受け入れ、損をすることはありません。退職理由について異議がある場合はハローワークに相談してみましょう。いくつかの条件を満たせば、「自己都合退職」を「会社都合退職」に変更することは可能ですよ。

「いいえ」と答えた場合

退職勧告(退職勧奨)に応じない場合、解雇を言い渡される可能性はゼロではありません。その場合の解雇理由としては、「退職勧告(退職勧奨)に応じないから」などというものではなく(そもそも認められないので)、他の理由を挙げてくるものと思われます。挙げられた理由が正当なものであった場合は退職勧告(退職勧奨)に比べて条件は悪くなってしまうことを覚悟しておかなかればいけません。

もちろん身に覚えがなく、会社側が解雇を主張しても後ろめたいことがないのであれば、解雇の無効を訴えることは可能です。その訴えが認められた場合には退職勧告(退職勧奨)による提案よりももっと条件のよい辞め方ができるかもしれません。

また、退職勧告(退職勧奨)時に会社側から強迫や強要があった場合、それを無効とすることが可能です。ほかにも必要以上に退職勧奨してくることも「退職強要」となり、損害賠償を請求できます。

「はい」と答えても「いいえ」と答えてもすることがたくさんあること、わかっていただけたでしょうか。

「退職」を言い渡されて目の前が真っ暗……なんて言っていられませんよね。
損をしないために、しっかり調べてすばやく行動!ショックを受け流し、自分のための行動を始めましょう!

関連記事