残業過多やパワハラ、会社のトラブルはどこへ言う?

有給がもらえない、残業が多い、セクハラ・パワハラをされている……。そんなお悩み、もうガマンする必要はありません!適切な場所へすぐに相談!働く人のお助けマンはここにいます!

相談できる窓口、実はたくさんありますよ!

相談窓口はここにあります!

「労働基準監督署」で相談できること

  • 有給休暇を取らせてもらえない。
  • 経営状態が苦しいので、お給料を少し待って欲しいと言われた。
  • 残業しているにも関わらず、残業代が支払われない。
  • 残業時間が長すぎるが、改善してもらえない。
  • 上司に暴言や暴力などのパワハラを受けている。
  • 突然「辞めて欲しい」と言われた。

このようなお悩みはすべて「労働基準監督署」が担当しています。窓口は総合労働相談コーナー。
↓連絡先はこちらです↓
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

「公共職業安定所(ハローワーク)」で相談できること

  • 仕事を探したい。
  • 失業保険の給付について教えて欲しい。
  • 育児休業・介護休業の給付について知りたい。

このようなお悩みはすべて、「公共職業安定所(ハローワーク)」が担当しています。
↓連絡先はこちらです↓
https://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

「労働局雇用均等室」で相談できること

  • 上司に性的に迫られて困っている。
  • 産休や育休の取得を希望したら、退職をすすめられた。
  • パートから正社員になるルートを阻まれている。

このようなお悩みはすべて「労働局雇用均等室」が担当しています。
↓連絡先はこちらです↓
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/funso_jp.pdf

その他の相談窓口

上記に相談してみたけど解決しなかった場合や、上記の悩みには該当せず、どこに相談したらいいのかわからない場合は「法テラス」へ相談するという方法があります!

「法テラス」で相談できること

法テラスとは、簡単に言うと総合案内をしてくれるところです。
法務省所管の公的な法人なので身元は安心・安全。トラブルを法的に解決するためのありとあらゆるアドバイスがもらえます。

  • 誰に(どこに)相談したらいいのかわからない。
  • どうしたら解決できるんだろう?

お悩みをひとりで抱えて途方に暮れている方に解決窓口を提示してくれます。例えば「弁護士会」だったり「消費者団体」だったり、お悩みに合わせて、役立つ相談先を教えてもらえますよ。
また、教えてもらえるのは団体だけでなく、知って得する「法制度」も。法テラスとは、迷える方の道しるべなのです。

↓連絡先はこちらです↓
https://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/index.html

ちなみに法テラスの利用は無料ですが、弁護士会など、紹介された先では発生することになりますので、ご利用時におたずねください。

相談までに決めておかなければいけないこと

どこかの窓口に相談するまでに、ひとつ「決めておくべきこと」があります。それは「解決」を望むのか「対決」を望むのかということ。

戦うのか和解するのか、それだけは自分で決めておかなければなりません。

会社に今後も在籍していたい場合、敵対するような方法を取るのは得策ではありません。多少時間はかかっても、丁寧に両者が納得できる方法を選ばないと結局は居づらくなり、辞めてしまうことになりかねないからです。
逆にさっさと解決して、きれいさっぱり縁を切りたいと思っているのであれば強気に出られるでしょう。すると最短で解決できる方法が選べることになります。どちらを選ぶかで、対処方法は大きく変わってくるのです。

トラブル発生時に泣き寝入りはいけません。諦めることに慣れてしまうと、人は自分に”自信”を持てなくなります。
そうなってしまわないうちに、誰かに救いを求めましょう。そのために「プロ」がいるのですから。

関連記事