お仕事中の私用のLINEや電話はOK?NG?

お仕事中に子どもからLINE。雑用かもしれないけど、大事なことかもしれないし……。
こういうときって、返事をしてもいいものなのでしょうか?一般的な判断基準について調べてみました。

業務時間中の私用のLINEや電話は、基本的にはNGと考えたほうがいいかもしれません。

私用のLINEや電話、一般的な判断基準とは

お仕事中の私用LINEや私用電話について、「NG」or「OK」の二択しかないのであれば、それは「NG」でしかありません。なぜなら「勤務時間内はしっかりと業務をおこなう」という前提で、お給料は支払われているのですから。

NGとなる理由は、ほかにもあります。それは「情報漏えいを防ぐ」ため。
会社側にはLINEや電話の相手が誰なのかわからないわけですから、なにもかもをOKとしてしまうと危険性が高まってしまう、とも考えられるのです。

とはいえ、最近は私用LINEや私用電話について寛容になる傾向が見受けられます。
特に、子どものいる主婦層をメインに採用されている会社では「私用のLINEや電話をOK」にすると「働きやすい会社」と判断され、大きなアピールポイントとなるからです。
あなたの会社の社則はどうなっているでしょうか?一度調べてみましょう。社則は会社にもよりますが、人事の方や上司の方に聞いてみるとわかる場合が多いです。

判断する際に気をつけること

社則を調べなくても、周りの人みんなが触っているし、大丈夫そう。……なんて判断を下していませんか?
これは絶対にダメです!なぜなら、触っている人たちがルールを守っているという確証はないから。
それに、私用に見えたとしてもそうではない場合もあります。営業スタッフなどの場合は会社の電話ではなく、スマホやケータイを使用しての社用通話をする機会が多々あります。
つまり、口調や会話の内容がフランクだったとしても、相手が家族や知人であるとは限りません。取引先である可能性も少なくないのです。

だからこそ、まずは確認。
周りの雰囲気に合わせてなんとなく行動するのではなく、社則に沿った判断をしてくださいね。

社則ではOKなんだけど、どこまでOKなんだろう?

社則を確認したらOKだった。……となった時、気になるのがその「範囲」です。
もちろん、「何分までOK」などという数値があるわけはありません。なぜなら、本来ならNG行為にも関わらず、社員の事情や状況を鑑みて、上司や経営者の裁量でOKにしているに過ぎないからです。

仕事に支障をきたさない範囲ならOKとしている企業もありますよ。

というわけで、範囲について。
これは「仕事に支障をきたさない程度」に留めておいて欲しいと思います。具体的には、子どもからの連絡に対し簡潔に返答するくらいが妥当だと言えます。
なので、返答後に引き続き雑談を楽しむというのはNG。家に帰ってからでも遅くない内容については、社則でOKだったとしてもするべきではありません。
周りの人は結構楽しんでいるのに?……という状態であったとしても、間違ったほうに合わせてしまうのではなく、きちんとした判断が下せる社会人であって欲しいと思います。

我が家ルールを作っておくとベター!

子どもがまだ小さい場合には、「ママがお仕事に行っている」という不安から、意味もなく電話やLINEをしたがるかもしれません。そうならないよう、家庭でも我が家ルールを定めておくといいですよ。
もちろん、社則に沿った上で、ということになります。
例えば、以下のような感じですね。

  • 就業中の電話は受信のみ。発信が必要な場合は、休憩時間におこなう。
  • LINEやメールの返信は、急ぎの案件のみ簡潔に。
  • ケガなど本当の緊急時には、個人のスマホにではなく、会社へ電話をしてもらう。

ルールを定めた上で、本来は電話もLINEも禁止であることを、子どもに理解してもらいましょう。

自分の目線、会社の目線

私用の電話やLINEについて論じる時、働く側は「万が一」の場合についてよく挙げられます。

  • 子どもがケガをした、という電話かもしれない。
  • 親の体調が思わしくないから、電話には出たい。

確かに働くママ世代は、子どものことや両親のこと、なにかと気になる時期ですよね。すぐに連絡が取れない状況であれば、不安になることでしょう。それは十分に理解できます。
そういった理解はした上で、ひとつ確認したいことがあります。それは、会社の立場で「私用の電話やLINE」はどう見えているのかということ。考えたことはあるでしょうか?

  • 一日に何度も電話に出ている。電話をしている時間に対してもお給料は支払われているのに。
  • 他の社員から苦情がきているが本人には伝えづらい。気づいてくれるのを待っているんだけど。

自分が上司や経営者だったとしたら、上記の行動に対しどう感じるでしょうか?
お仕事をする上で、想像力はすごく大切な要素です。「嫌」だと感じられない範囲で行動できるよう、一度考えてみてくださいね。
ちなみに、上記に挙げたような悩みを抱えている会社は多いようですよ。

「OK」だったとしても、なにもかもが許されたわけではありません。
立場で感じ方は大きく違います。会社の気持ちや考えもしっかりと汲んだ上で、「私用の電話やLINE」のあり方を考えてみてください。

関連記事