お仕事中のおしゃれ、どこまで許される?

「お仕事中だって、キレイでありたい!」
この気持ちは、とても大切です。
身だしなみという観点からも、寝起きのボサボサではNG。
アクセサリーについても、作業のジャマにならないのであればOKという会社が多くあります。
とはいえ、おしゃれってどこまでしていいの? 難しい問題です。
一般的な上限を、職種別でまとめてみました。

お仕事中のヘアメイク&ネイル

デスクワーク

落ち着き感のあるメイクやネイルが好まれます。
ヘアスタイルは、お仕事中はまとめている、もしくはジャマにならないスタイルであることがベター。
社外の人と接することも多くありますので、盛り盛りメイクやデコネイルは避け、「良い印象を与えられるかどうか」を目安にします。

営業

積極的に人と接するお仕事なので、おしゃれ感は強めでも大丈夫です。
ただし、意識するのは知的に見えること。かわいく見えるより、カラーレスなメイクやネイルで、大人っぽさを演出した方が良い印象に。
ヘアスタイルも、ふわふわラブリーよりデキる風がベター。
「任せても大丈夫」と思ってもらえるおしゃれが目安です。

販売

取り扱う商品によって基準が大きく変わります。
食品であればメイクはナチュラルに。ネイルはNGの場合が多いです。
ヘアスタイルはまとめて帽子着用ということが多いですね。
レジ業務なども同様です。
食品を扱いますので、メイクはナチュラルでネイルはNGが基本。ヘアスタイルもまとめている方が好まれます。
アパレルだと、メイクやヘアスタイルはおしゃれ感強めで構いませんが、ネイルは商品を傷つけない程度にとどめることが大事。

クリエイター

デザイナーや制作に携わるお仕事の場合、自分自身が広告ツールであることも多く、自分らしさを前面に押し出したメイクやヘアスタイルであることが多いです。
ネイルも、お仕事のジャマにならなければ結構自由。
万人に埋もれてしまうことなく、記憶に残るおしゃれが求められます。

コールセンター

声だけのお仕事となりますので、メイクもネイルも自由な場合が多く、そこがセールスポイントにもなっている職業です。
ヘアスタイルも、普段はバンド活動していて……と金髪ロングであったとしてもOK
中身重視のお仕事なので、外見が気になる場合にはピッタリ。

軽作業

梱包や仕分け、検品といったお仕事なので、コールセンターのように自由?と思いきや、意外にも制限の多いお仕事です。
というのも、取り扱う商品に異物が混入してはいけませんし、ニオイ・香りがついてしまってもいけません。
メイクやネイルは最低限であることがベター。香水などもつけない方がいいでしょう。

製造

クリーンルームに入って行うような製造業の場合、メイクも異物となるため、一切禁止とされています。
もちろんネイルもいけませんし、髪も見えないよう、すべて覆うスタイルの制服に着替えての作業となります。

絶対にNGなこととは

どんな職場であれ、不潔に見えるのはNG。清潔感のある身だしなみを!

おしゃれの上限について書いてきました。
職種によって上限は変わってきますが、実は、下限については共通しています。

「清潔感があるか否か」

例えば、「ノーメイクで」という職業であった場合、「起きぬけのボサボサ髪で、脂っぽい肌でもいいのか?」と問われると、それはNO。
確かにノーメイクではありますが、仕事をする姿勢としてマナー違反。
キリッと引き締まった姿勢であることが大事なのです。

いかがでしたか?
ひとくちに「おしゃれ」と言っても、職種により幅広いことが分かります。
また同時に、清潔感を心がけることも大切もです。
他にも、会社独自の方針などがある場合もありますので、
勤務しながら周りの様子を伺い、自分スタイルを確立していきましょう!

関連記事