パートでも有給をもらう方法とその条件

先日、ちょっと驚いたことがありました。パートスタイルで働いている友人が「正社員の人はいいな~有給休暇がもらえて。パートだと有給はもらえないから。羨ましいけど、子ども小さいし正社員にはチャレンジできなくて……。」と話していたんです!!

いえいえ!パートスタイルでも有給休暇はもらえます!働く人の当然の権利です。

とはいえ、有給休暇ってすごく有名な制度にも関わらずその詳細はあまり知られていないもの。この機会に一度確認しておきましょう!

パートの有給休暇、いったいどれくらいもらえるんだろう……

有給休暇って何日もらえるの?

一般労働者の場合

6ヶ月以上の勤続と、その間の出勤率が80%以上である場合、下記表に従い支給されます。

雇入れの日から起算した勤続期間 付与される休暇の日数
6か月 10労働日
1年6か月 11労働日
2年6か月 12労働日
3年6か月 14労働日
4年6か月 16労働日
5年6か月 18労働日
6年6か月以上 20労働日

表引用:厚生労働省HPより

パートタイム労働者の場合

勤務時間が1週間あたり30時間未満の場合には、週の勤務日数別に支給日数が4段階に分かれて設定されています。
ただしこちらも6ヶ月以上の勤続と、その間の出勤率が80%以上であることが必須条件です。

週所定
労働日数
1年間の所定
労働日数
雇入れ日から起算した継続勤務期間(単位:年)
0.5 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5 6.5以上
4日 169日~216日 7 8 9 10 12 13 15
3日 121日~168日 5 6 6 8 9 10 11
2日 73日~120日 3 4 4 5 6 6 7
1日 48日~72日 1 2 2 2 3 3 3

表引用:厚生労働省HPより

有給休暇は繰り越しできる?

有給休暇の時効は2年なので繰り越しは可能です。
ただし、2年間使われなかった分については消滅してしまいます。

例えば一般労働者の場合。今年4月に入社した方は、10月に10日分の有給休暇が付与されます。
が、これを使えなかった場合、翌年10月にさらに11日分付与されるため、計21日分の権利を持っていることになります。
21日分の有給休暇を順調に使えればいいのですが、使えなかった場合、翌翌年の10月に最初の10日分が消滅してしまいます。
ただし、新たに12日分が付与されるため、今度は、計23日分の権利を有することとなります。

有給休暇を取るには理由を言わなきゃダメ?

「NO」です。「私用のため」で構いません。例えば旅行に行くとか、そういった事情を説明する必要はありません。
とはいえ、単なるコミュニケーションとして「どこか行くの?」などの会話があることも考えられます。その場合は、特に気になる内容でない限りは気にせずふんわりと答えるといいと思いますよ。

「有給休暇は取れない」と言われてしまった場合には。

条件を満たしているのに有給がもらえなかった!そんな時は……

まず、自身の勤務状況が規定を満たしているか確認しましょう。
「6ヶ月以上の勤続と、その間の出勤率が80%以上」でない場合には、有給休暇は支給はされません。「今は取れない」と言われた場合には、時期の見直しをしてみましょう。
有給休暇は労働者の権利ですが、会社側にも「事業を正常に運営させる配慮義務」があるため、譲歩も必要です。

上記2つ以外の場合、つまり会社側が違法に取らせないのであれば、訴えることができます。
訴える先は労働基準監督署
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/location.html

労働基準監督署からの指摘があれば、会社側は認めざるを得ません。是正されない場合には書類送検されてしまいますので。
できるだけ穏便に解決したいものですが、悪質な場合には泣き寝入りをすることはないのです!

今、有給休暇に関して嬉しい動きが起こっています!
それは、労働基準法の改定です。
「10日以上の有給休暇が付与される場合、5日間の消化を企業義務とする」よう動き始めています。
今後に注目ですね!

関連記事