転職がうまくいかない時に読むページ

「転職するぞ!」と意気込んだのはいつのこと……?あまりに上手くいかないと、気分もふさぎがちになってしまいます。そんな人に読んで欲しいこと、まとめました。

ストレスは転職活動だけでなく、日常生活の妨げにもなります。

あなたの今の状況は?

<A>転職先を早く見つけなければ路頭に迷う

<B>転職先を早く見つけたいが、切羽詰まっているわけではない

あなたはどちらですか?選んだあと、以下にお進みください。

<A>を選んだあなたへ

ノートに書き出すと、考えがまとまって頭の中がスッキリしますよ。

総括をします

ノートとペンを用意してください。そしてやって欲しいのは「総括」。今までの自分を振り返ってみましょう。

<<自分がいままでしてきたこと>>
してきたことと、その結果も書き、改善策を考えます。不足は無かったか?逆に過剰ではなかったか?その上で、次はこうしてみようと思うことがあれば色ペンで目立つように書き添えましょう。

<<転職の条件>>
給与・福利厚生・役職・通勤時間……いろいろありますよね。書き出せたらランク付けをします。これだけは譲れない……という順に番号を振りましょう。
さて、重要なことはここからです。1~3位までを残し、あとは大きくバツで消してください。今後の就活でチェックするのは残った1~3位のみ!お仕事探しには、潔さが必要不可欠です。

<<転職に必要なスキル>>
希望の職種に必要となるスキルはありませんか?資格はもちろん、経験なども含めて書き出します。必要な物が資格である場合、すぐに勉強を始めましょう。
「資格を取得」することも大事ですが、「資格取得に向けて今学んでいる」という姿勢を見せることも同じく大事なこと。まだ資格取得に至っていなくても、勉強中であることを履歴書に書けば本気度が伝わります。また、行動力も感じてもらえるでしょう。

必要な物が経験であれば、空き時間を利用し経験を積むことも考えましょう。
就活中の身で経験を積むのは無理?いえ、工夫次第では大丈夫!例えば、単発派遣などを活用すれば体験ができます。体験を経験とするのは難しいかもしれませんが、やる気は感じ取ってもらえます。

総括を終えて

先ほど用意したノート。総括を終え、いま手元には『あなただけのガイドブック』が完成しているはず。これからは、このガイドブックに沿った就活をしていきましょう。

書類を見直す

履歴書や職務経歴書が見づらいと、書類選考で不利になってしまいます。書類選考で通過できるスタイルになっているでしょうか?ひとつずつ確認しましょう。

  • 注目して欲しい情報が目立つように書く。
  • 負の情報があればそうなった理由も書き、イメージダウンを最小限に。
  • 空欄をなくし、なにかしら記入する努力を。

これだけ注意すれば、書類はグンと読みやすくなりますよ。

リスタートの前に

新しいガイドブックを手に入れ、さあ、就活リスタート!……なのですが、アドバイスとしては、その前にぜひ下記<B>を試みて欲しいと思います。

<B>を選んだあなたへ

転職活動には「休息」も不可欠。ひとやすみしてまたがんばりましょう。

一旦休息を

人は焦ると、判断力が鈍り、視野も狭まります。そんな状態でがんばっても、空回りしてしまうだけ。休息のない就活は、チャンスを見逃す可能性を上げるだけなのです。

観たい映画はないですか?食べたかったスイーツは?

就活から離れた行動をして、気持ちをリセットしましょう。心には余裕が必要です。そしてその余裕こそ、チャンスを引きよせるために必要不可欠なもの。一日でも、数時間でも構いません。くつろぎの時間を確保してくださいね。

リスタートするには

<A>へ進みます。焦らず、ゆっくりと。じっくり周りを見渡しながら始めましょう。

がんばっているのにうまくいかない。
そういう時に大事なことは、焦らないこと。
解決の糸口を探すには、心を落ち着けることが一番大切です。

関連記事