スムーズに転職するための退職願の書き方

転職の見通しがつくと、退職も視野に入ってきますね。
「 立つ鳥跡を濁さず 」 と言われるように、
きちんと、キレイに、新しいステージに向かいたいもの。
そのためにも「退職願」のこと、しっかりと知っておきましょう。

「退職願」「退職届」「辞表」どれも同じもの?

実際、目の前で見たことのある方は少ないかもしれません。
ドラマのワンシーンなどで目にする書類、そんなイメージではないでしょうか。
なので、どうも内容がごちゃまぜに……。
「退職願」「退職届」「辞表」とありますが、実は、イコールではありません。
すべて意味が異なるのです。
あなたにとって必要な書類は、どちらでしょうか?
間違えないよう、気をつけましょう。

「退職願」とは

退職を願い出るための書類となりますので、提出時点では、まだ退職とはなりません。
会社が受け取り、承諾をした後、効力を発揮することとなります。
そのため、承諾までの間であれば、撤回も可能です。
自己都合により退職する際に使う書類です。

「退職届」とは

こちらは、会社への明確な意思表示となる書類です。
会社が受け取った時点で効力を発揮しますので、撤回することはできません。
自己都合ではなく、会社都合で退職する場合に使います。

「辞表」とは

良く知られた言葉なのですが、実は、一般社員は使わない書類です。
運営に携わる役員職の方や、公務員が使用します。

一般的な退職願・退職届の書き方

書類の内容は、ごくごくシンプルに。
詳細を書く必要はなく、下記のように、一般的な内容のみ抑えておけば大丈夫です。

< 退職願サンプル >

退職願サンプル

退職願サンプル(PDF)icon-link

< 退職届サンプル >

退職届サンプル

退職届サンプル(PDF)icon-link

注意事項

  • 手書きの場合は市販の便せんに書きます。書き間違いは、一から書き直します。
  • PC作成の場合はB5用紙に出力します。
  • 縦書き・横書き、どちらでも構いません。
  • ペンは、黒インクのみ。消えるタイプのペンは不可です。
  • 署名の後には、押印が必要です。
  • 封筒は白無地を使用します。「退職願」か「退職届」の表書きと、裏側に所属・氏名を記入します。
  • 提出は、直属の上司に手渡しにて行います。郵送はマナー違反です。

退職願・退職届は、その会社での最後の作業です。
スムーズに、そしてスマートに完了させましょう。

関連記事