転職後の新しい職場での人間関係、これでうまくいく!

新しい会社、新しい仕事。いいスタートを切るために、良好な人間関係は欠かせません!

良好な人間関係を築けば、仕事への不安もぐっと和らぎますよね!

転職後になにをする?

新しい会社にポツンと私。人見知りでなくても緊張すると思います。しかし転職後すぐは距離を縮める一番のチャンス!会社の方たちも新しい社員に興味を持っている時期ですし、しがらみなく好意的な視線を向けてくれる絶好のタイミングです!このチャンス、逃さないようにしましょう。

転職後すぐにして欲しいこと

  • 自己紹介は大きな声で!
    明るく元気な態度は好かれるための基本です。
  • すべての人・事柄に謙虚に。
    会社は各々ルールが異なるものです。
  • 背筋はピン!自信に満ちた行動を。
    卑屈なイメージを与えないようにしましょう。
  • 名前を覚える。
    役職やデスク位置なども併せるとベストです。
  • 身だしなみはノーマルに。
    最初のうちは飛ばしすぎないことが大切です。

転職後してはいけないこと

  • 以前の会社を悪く言わない。
    嫌な発言は話す人の印象まで悪くしてしまいます。
  • 接する人毎に態度を変えない。
    相手を尊重しましょう。
  • 会社やルールに対し批判しない。
    新人がするべきことではありません。

人との関わりはこう考える

人は生きていく上で、必ず誰かと関わりを持たなければいけません。また、誰もが「好きな人」と「苦手な人」に囲まれて暮らしています。好きな人ばかりに囲まれて過ごせる人などいるわけがなく、誰もが「さまざまな人間関係」の中で暮らしているのです。

しかしながら、人間関係で思い悩む人もいればあまり悩まない人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか。

悩む人には「こうであるべきという思い」が強い傾向があるようです。仕事のやり方や個人の考え方に対し「なぜこんなことを?」という思いが強すぎて許容できず、次第に心の対立を深めていってしまう……。これでは、いい人間関係が築けるはずもありません。

このような傾向のある方にアドバイス!
「こうあるべき」という自分の中の「正義」や「基準」は、本当に正しいものですか?
自分自身の基準はあくまでも「あなただけ」のもの。ほかの誰かにとっての基準ではありません。それを無理に押し付けようとする行為はある意味「悪」となりうる。よかれと思ってやっていることは、ともすれば迷惑行為になってしまいかねないのです。

すべての人は違ってあたり前。対立することは普通のこと。相手の考えを、たとえ受け入れられなかったとしても認め合うこと。これが、社会というものなのです。「こうあるべき」なんてものは、はじめからないのです!

好かれるコツはここにあり!

笑顔を心がけましょう

あなたが「素敵だな」と思う人を思い浮かべてみてください。身の回りの方でも、芸能人でも、どなたでも構いません。その方のどこが好きですか?
「ああいう顔になりたい!」
「スタイルが美しい!」
「性格がいい!」
そう、そこです!好きな方の好きな部分に近づけばいいのです。

きれいな顔はいい表情が作るもの。笑顔でいる時間を増やせばどんどん美しく変化します。整ったスタイルも、イキイキとした生活が支えています。元気な行動が自然にあなたをきれいにしていくのです。性格を表現するのは行動です。周りの人を笑顔にするような行動を心がければ、自ずと印象はアップしていくでしょう。

転職を機会に、自分磨きをしてみてくださいね!それが好かれるあなたを作りだしてくれますから。

会社は仕事をする場所ですが、その仕事は人間と人間によっておこなわれます。
そう、つまり「仕事さえできればいい!」ではダメで、「良好な人間関係が築け」てこそ、いい仕事にも繋がるものなのです!

関連記事