保育園と幼稚園の違いとは?メリット・デメリットと選び方

働くママの大きな味方である保育園と幼稚園。このふたつの違いは何なのでしょうか?預け先によって、メリット・デメリットはあるのでしょうか?
保育園と幼稚園の違いを知って、我が家にピッタリの園探しに役立てましょう!

保育園と幼稚園、その違い

まずはそれぞれの特徴について。

保育園

保育園は児童福祉施設となり生活をする場という位置づけなので、0歳からの受け入れが可能です。(※園により違いはあります)
厚生労働省が管轄しており、児童福祉法という法律に従って運営されています。

幼稚園

幼稚園は学校となり教育を受ける場という位置づけなので、教育がおおよそ可能となる3歳からの受け入れとなっています。
文部科学省が管轄しており、学校教育法という法律に従って運営されています。

保育園と幼稚園、一日のスケジュール

ここがママの生活に直結してくる「違い」です。預け先が決まった後で「失敗した……」とならないよう、きちんとチェックしておきましょう!

保育園

保護者の見送りで登園します。登園時間は決まっておらず、入園時に登録した保護者の就業時間に合わせて登園すればOKです。ただし保育園のプログラム上、9時頃までには登園完了している方が望ましいでしょう。
登園後は出欠により確認を取ります。午前中はお散歩や園庭での遊びタイムなどで過ごし、昼は保育園で用意された給食を食べ、その後はお昼寝があります。お昼寝が終わると午後はおやつを食べて遊びタイムと続き、夕方になると順次お迎えの保護者が見られるようになります。残業などでお迎えが遅くなってしまっても延長や夕食の提供が可能な場合が多く、安心です。
お休みは土・日・祝日・年末年始だけで、お仕事をしている保護者に合わせ夏休みなどの長期休暇はありません。また土・日・祝日・年末年始のお休みに関しても、園によっては登園可能な場合もあります。

幼稚園

始業時間が決まっているので、その時間に合わせての登園です。保護者の見送りの他、園によってはバス送迎がある場合もあります。
午前中は遊びを少しと、絵を書いたり文字を習ったり工作をしたりと学びの時間が中心となります。昼食は各家庭で用意したお弁当または給食を食べます。お昼寝の時間はなく、少し遊びの時間を設けた後夕方すこし手前の早めの時間に降園となります。
お休みは土・日・祝日・年末年始の他、夏休み・冬休み・春休みの長期休暇があります。行事ごとは保護者参加型がかなり多く設定されています。

保育園と幼稚園の選び方

保育園

保護者の融通に合わせてくれる保育園にピッタリなのは、以下のような方となります。

  • 週5以上の勤務シフトの方
  • 時短勤務ではなく、しっかり8時間勤務の方
  • 残業が入りがちな方

幼稚園

園のプログラムがしっかりしている幼稚園にピッタリなのは、以下のような方となります。

  • 登園・降園時間に合わせられる勤務体系の方
  • 遊びだけでなく、学びの要素を取り入れた園のプログラムに共感する方
  • 行事ごとを楽しみにしている方

変わりゆく保育園・幼稚園

いかがですか?ご家庭の生活パターンに合わせて園を選ぶことの大切さが分かって頂けたかと思います。
その上で、もうひとつ。実は昨今、保育園と幼稚園の様子に変化が見られてきています。保護者の要望に合わせて保育園でも学びの時間を取り入れたり、幼稚園でも試験的に給食を取り入れているなど、今後期待の持てる状況となっているのです。
ただこれらの変化はそれぞれの園に任されている状態のため、現状を知るためには各自で園に確認を取らなければいけません。一般的な特徴を知った上で最終的には希望の園に個別に確認を取る!これが大切です!

保護者にとっては「預け先」となる保育園・幼稚園ですが、子どもにとっては「はじめての社会」となる場です。
いい一歩が踏み出せるよう、妥協の無い選択をして欲しいと思います。

関連記事