パートの面接での服装はスーツと私服どちらがいいの?

応募書類を揃え、いざ面接!
が、その前に迷ってしまうのが「面接時の服装」です。
スーツだと堅苦しい?
でも、普段着では失礼?
パートの面接時、オススメの服装について考えてみましょう。

スーツは確かに無難だけど、スーツじゃないほうがいいこともある!?

面接の服装、TPO

面接ならスーツ、確かに無難です。
とはいえ、スーツという選択がどこに対しても”100点”というワケではありません。職種によっては変えた方がいいこともあるのです!
あなたの面接先はどのような会社ですか?下記より確認してみて下さいね。

事務職などオフィスワークのお仕事

この場合は、落ち着きカラーのスーツがベスト。
ヘアはまとめスタイルで、派手すぎないメイクで整えます。
「来客対応を任せても大丈夫。」と思ってもらえる印象を作り上げましょう。

アパレルや雑貨店などのお仕事

基本はスーツですが、ワンピースやジャケット&パンツなどでもOK。
面接先のブランドやイメージに合っていれば、アクセサリーの着用も喜ばれます。ヘアメイク含め、意識するのはオシャレ感です。

コンビニや配送などのお仕事

スーツよりも、パンツにカーディガンやジャケットなど、快活な服装が印象をUPします。
ただ、ダメージジーンズまでくだけてしまうのは、好ましくありません。アクセサリーなどはつけず、テキパキ動けるアピールをしましょう。

以上で当てはまらない職種の場合

上記に当てはまらない時や、何を着たらいいのか気になる……という場合には「直接聞いてしまう」という手もあります。
「スーツでお伺いしてよろしいですか?」のように尋ねれば、「はい。」もしくは「カジュアルで構いませんよ。」などの返答が得られます。
同時に、「気になることは尋ねる。」という前向き姿勢もアピールできるので、実は一石二鳥なのです!

面接官はココを見る!

面接官は、まず「第一印象」をチェックします。
表情、姿勢、声の大きさ、挨拶。そしてここに「服装」も入るというワケ。
つまり大事なことは、「印象の良い服装」であること。
「一緒に働きたい人だな。」と思ってもらえれば、採用がグッと近づきますよ!

面接時の服装、チェックポイントはこちら!

では、それを踏まえ、以下を確認してみましょう。

  • 服のサイズは合っていますか? ピチピチやダブダブでは、印象が悪くなります。
  • デザインは、年齢に合っていますか? 地味すぎたり若見せは、良くありません。
  • 清潔感はありますか? ピシッとアイロンのかかっている服は、印象UPのカギです!
  • 季節を意識していますか? 夏には涼やかに、冬は厚手の生地で。季節感は大切です。

結構こまかいですよね。
普段、あまり服装を気にされない方からすると「某テレビ番組のファッションチェックじゃ無いんだから……。」と思われるかもしれません。
しかし!ファッションの持つパワーは大きく、着ている方のイメージを良くも悪くも簡単に変えてしまいます。
あなた自身、街中ですれ違う人を、服装で判断することありませんか?面接も同じこと。ということは、そのパワーを逆に利用してしまえば良いのです!
自分のイメージを、より良くする方向へシフトする服を着る!最大限に活用する方が、絶対にオトクですよね!

「私服OKです。」でも、NGな服装があるってホント?

時に、「私服OKです。」と書かれている求人もあります。
「カジュアル可」ではなく「私服OK」なのだから何でもありじゃない?と思ってはいけません!
着ていくと、面接官に「う~ん」と感じさせてしまう服装もあるのです。例えそれがあなたの「定番服」や「好きな服」だったとしても、避けた方が無難ですよ。

< 面接時、印象が悪いとされる私服 >

  • ニット帽 会場までかぶってくるのはOK。面接時は外しましょう。
  • ビーチサンダル 活動向きではないため、仕事ができなさそうに見えてしまいます。
  • 過度な露出 タンクトップ・へそ出し・短パンなど。遊び要素が強くなります。
  • ジャージ リラックスウェアのイメージが強く、NGです。

初見の人と向かい合った時、印象が決まるのは「最初の1分半」と言われています。
ほんの「1分半」!
だからこそ、服装を重視して欲しいのです。
自分の良さを隠さないように、さらにはUPできるチョイスで向かいましょう!

関連記事